第13回日本難病看護学会学術集会プレセミナー ≪ALSにおけるNPPV療養≫ 「オハイオ州(米国)におけるALS NPPV看護ケアの実際」

*終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました*

第13回日本難病看護学会学術集会プレセミナー
≪ALSにおけるNPPV療養≫
講演「オハイオ州(米国)におけるALS NPPV看護ケアの実際」
ハンズオン(最新NPPV機器とカフ・アシスト)


主催/日本難病看護学会
後援/神経難病の非侵襲呼吸ケア研究会
協賛/フジ・レスピロニクス株式会社

 NPPV療法は、ALSにおける呼吸不全に対する治療として
その有効性が認められていますが、
同時に、NPPVでの対応に限界が生ずることも指摘されてきました。
NPPVの使用継続が困難になる
つまりNPPVでの対応に限界が生ずる背景には
ALSの進行に伴う球麻痺症状等の進行に伴う
気道閉塞などの症状の関与が示唆されていますが、
実際に、どのような身体状況が起こり
どのような症状を呈し、 NPPVの継続が困難になるか、
その詳細は充分にはわかっていません。

 本セミナーでは、米国オハイオ州で
ALS看護コンサルタントとして活躍中のパメラ氏に、
ALS・NPPV療養者における、
NPPVの継続の可否に関与すると考えられている
球麻痺症状を評価するためのスケールを用いた
NPPV療養者支援 とその成果についてご報告いただき、
わが国におけるALS・NPPV療養における、
看護支援のあり方について考えます。

 また、NPPV機器の管理と気道ケア看護に関連して、
使用機器の実習もあわせて行い、
NPPV看護に必要な知識や技術について体験を通じて学びます。


日時:

平成20年8月28日(木)17:30~19:30


場所:

タワーホール船堀 小ホール(ハンズオン 研修室)
(都営新宿線 船堀駅前)
東京都江戸川区船堀4-1-1
TEL 03-5676-2211(代)


対象:

難病療養者のケアに携わる保健・医療・福祉関係者
(※学会員でない方もご参加いただけます)


定員:

申し込み先着250名(資料代1,000円・事前申し込み制)


申込方法:

申し込み用紙にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
講演は申し込みをもって受講決定といたします。
ハンズオンへの参加は「決定者」のみご連絡いたします。
申し込み先FAX:042-328-7311

資料代は、当日会場でお支払いください。

第13回日本難病看護学会学術集会プレセミナー


申込期限:
平成20年8月22日(金)


お問い合わせ:

日本難病看護学会 中山
(財団法人東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所
難病ケア看護研究部門)
FAX:042-328-7311 TEL:042-325-3881内線4407


プログラム:


17:00


受付


17:30


開会

「オハイオ州(米国)におけるALS NPPV看護ケアの実際」
パメラ・カッゾリ
(RN,The ALS Care Project)

(逐語通訳:南雲秀子氏 米国呼吸療法士 湘南厚木病院)


18:50


ハンズオン(最新NPPV機器とカフ・アシスト)
(協力:フジ・レスピロニクス株式会社)


19:30


閉会