過去の学術集会

第22回 (平成29年・東京) 大会長:小長谷 百絵
「難病看護師の新たな展開-居心地の良い暮らしのために-」
第21回 (平成28年・北海道) 大会長:佐々木 栄子
「難病療養者のセルフマネジメント支援」
第20回 (平成27年・東京) 大会長:本田 彰子
「難病看護の過去・現在・未来-生への寄り添いを難病看護の専門性へつなぐ-」
「難病療養者のセルフマネジメント支援」
第19回 (平成26年・広島) 大会長:秋山 智
「難病患者の社会参加と生活設計」
第18回 (平成25年・東京) 大会長:村岡 宏子
「難病看護のスペシャリティーへの挑戦」
第17回 (平成24年・東京) 大会長:小倉 朗子
「療養の安全・安心をまもる看護」
第16回 (平成23年・東京 品川) 大会長:小西 かおる
「難病とともに今を生きる」
第15回 (平成22年・山形) 大会長:菅原 京子
「療養者・家族の”心豊かにいきる”選択を支える」
第14回 (平成21年・群馬) 大会長:牛久保 美津子
「難病のトータルケアの発展をめざす」
第13回 (平成20年・東京) 大会長:本田 彰子
「難病を持つ人々のQOLを支える訪問看護」
第12回 (平成19年・青森) 大会長:石鍋 圭子
「難病療養者のリハビリテーション~安全・安心そして可能性への挑戦~」
第11回 (平成18年・北海道) 大会長:野川 道子
「難病療養者と家族の日常を支えるケア」
第10回 (平成17年・福岡) 大会長:秋山 智
「難病ケアの原点~尊厳ある生活支援に向けて~」
第9回 (平成16年・愛知) 大会長:渋谷 優子
「難病者の社会参加を支えるケア」
第8回 (平成15年・東京) 大会長:近藤 紀子
「難病療養者の自己決定を支える」
第7回 (平成14年・東京) 大会長:関谷 栄子
「居宅難病者のための保健・医療・福祉の連携」
第6回 (平成13年・群馬) 大会長:牛込 三和子
「21世紀における在宅療養者のQOLに貢献する難病対策」
第5回 (平成12年・東京) 大会長:西 三郎
「21世紀に向けて難病対策の総合施策の推進」
第4回 (平成11年・神奈川) 大会長:中田 まゆみ
「在宅難病療養者のケアシステムの確立-保健医療福祉制度の改革に向けて-」
第3回 (平成10年・東京) 大会長:川村 佐和子
「難病ケアシステムとケアマネジメント」
第2回 (平成 9年・新潟) 大会長:木下 安子
「在宅難病者を支える看護と介護の協働」
第1回 (平成 8年・東京) 学術集会長:川村 佐和子
「難病者が直面する課題とケアコーディネーション」