学会の概要

 一般社団法人日本難病看護学会は、難病看護を中心とするケア、ケアシステム、福祉の研究を推進し、これにより、国民の健康な生活の確保に貢献することを目的とし、昭和54年(1979年)に「難病看護研究会」として発足、平成7年(1995年)に「日本難病看護学会」として学会組織に改変しました。日本学術会議に登録を認められ、学術団体として研究活動を推進しています。

 

正式名称: 一般社団法人日本難病看護学会(Japan Intractable Illness Nursing Society)
発 足: 平成29年4月3日(一般社団法人設立日)
沿革:昭和54年 難病看護研究会 発足
平成7年8月27日 日本難病看護学会(任意団体) 発足
会員数: 700名(平成29年3月現在)
(看護師,保健師,医師,理学療法士,作業療法士,栄養士,教員,研究職員,福祉職員,療養者・家族等)
目 的: 「この法人は、難病看護を中心とするケア、ケアシステム、福祉の研究を推進し、これにより、国民の健康な生活の確保に高研することを目的とする。」
(一般社団法人日本難病看護学会定款 第3条)
学術集会: 年1回開催しています
(第1回~第21回まで旧 日本難病看護学会による)
学会誌: 「日本難病看護学会誌」を年3回発行
入会方法: 入会・お問い合わせをご覧ください。