学会企画セミナー 「箱根で学ぶ神経難病看護」シリーズ2 知の普及 「神経難病看護テキストの実践」

学会企画セミナー
「箱根で学ぶ神経難病看護」シリーズ2
知の普及
「神経難病看護テキストの実践」

*終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました*


企画・主催 日本難病看護学会
共催 独立行政法人国立病院機構箱根病院/
「難治性疾患克服研究事業希少性難治性疾患患者に関する医療の向上
及び患者支援のあり方に関する研究班」(西澤班分科会2)


日時:

2013年2月9日(土)11:00~16:10


場所:

鈴廣かまぼこの里 鈴の音ホール
〒250-0032 小田原市風祭245
(箱根登山鉄道 風祭駅 徒歩1分)


対象:

病院看護師、訪問看護師、保健師、大学院生、看護学生など、
難病療養者の支援に関心がある方ならどなたでも。
学会員でない方もご参加いただけます。


定員:

申し込み先着80人


参加費:

2,500円 (学会員は1,500円) ※昼食・資料代含
※当日会場にてお支払いください。


申込方法:

下記の申し込み用紙にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
後日、受講票をFAXにてお送りします。

申し込み先FAX:03-6834-2291


申込期限:
2013年1月30日(水)必着*申込を締め切りました*


お問い合わせ:

日本難病看護学会
FAX:03-6834-2291(直通)/TEL:03-6834-2290(直通)


プログラム:


11:00~16:10




1.パーキンソン病を持つ人への支援
 秋山 智(広島国際大学)

ランチョンセミナー「パーキンソン病ミニ講座」
荻野 裕(国立病院機構箱根病院)

2.コミュニケーション支援講座
 ・コミュニケーション支援に望むこと
 ・神経難病療養者のコミュニケーション支援の概要
 ・文字盤や意思伝達装置操作支援の実際 など
 中山優季(東京都医学総合研究所)
 岡部宏生(日本ALS協会)
 今井啓二・仁科恵美子(NPO法人ICT救援隊)

箱根病院見学ツアー(ご希望の方のみ)