学会企画セミナー 「箱根で学ぶ神経難病看護」シリーズ1 知の普及 「神経難病看護テキストの実践」

学会企画セミナー
「箱根で学ぶ神経難病看護」シリーズ1
知の普及
「神経難病看護テキストの実践」

*終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました*


企画・主催 日本難病看護学会
共催 独立行政法人国立病院機構箱根病院/
「難治性疾患克服研究事業希少性難治性疾患患者に関する医療の向上
及び患者支援のあり方に関する研究班」(西澤班分科会2)


日時:

2012年11月23日(金)11:00~16:10


場所:

国立病院機構箱根病院
〒250-0032 小田原市風祭412
(箱根登山鉄道 風祭駅 徒歩1分)


対象:

病院看護師、訪問看護師、保健師、大学院生、看護学生など、
難病療養者の支援に関心がある方ならどなたでも。
学会員でない方もご参加いただけます。


定員:

申し込み先着60人


参加費:

2,000 円 (学会員は1,000 円) ※昼食・資料代含
※当日会場にてお支払いください。


申込方法:

下記の申し込み用紙にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
後日あらためて、FAXにてご連絡申し上げます。

申し込み先FAX:03-6834-2291


申込期限:
2012年11月12日(月)必着*締め切りました*


お問い合わせ:

日本難病看護学会
FAX:03-6834-2291(直通)/TEL:03-6834-2290(直通)


プログラム:


11:00~16:10




「家族を元気にする看護援助」
 村岡宏子(東邦大学看護学部)

昼食会

「括約筋の可能性-随意性の追求からコミュニケーション支援まで-」
 中山優季(東京都医学総合研究所)

「排泄障害の基礎-アセスメントとその対応-」
 谷口珠実(第一医院/杏林大学)

「神経筋疾患における呼吸障害-医師はどのように評価しているか?-」
 小森哲夫(独立行政法人国立病院機構箱根病院)

箱根病院見学ツアー(ご希望の方のみ)